そもそもエビネエキスって何だろう?

そもそもエビネエキスって何だろう?

エビネエキス配合育毛剤には、
酢酸トコフェロール
ニコチン酸アミド
パントテン酸ナトリウム
ビタミンB6などたくさんの有効成分が配合されています。

 

しかし主成分である「エビネエキス」とはいったい何でしょう?

 

エビネエキス育毛剤に配合されているエキスは、エビネを刻んでアルコールに付けて抽出したものです。

 

そのようなエビネが注目されたのは、野邨学さんという方がエビネの根を何気なくかじったところから始まります。
最初は特に刺激も強い味も感じなかったようですが、次第に舌がしびれ始めたそうです。
そしてその痺れは30分以上続いたそうです。

 

イノシシがエビネの根を掘り返して食べることがあります。
野邨さんはそれを見てから
「動物が食べるものならば毒はないだろうし、体にいい成分があるに違いない」
と常々考えていました。
特に舌に痺れを起こさせる成分が体にいいような気がする。
そういう直感を持ったといいます。
なぜなら多くの育毛剤はトウガラシチンキという刺激物が入っているのを知っていたので
そのエビネの強い刺激は育毛に効果があるかもしれないと考えたのはきっと自然なことだったと思います。

 

色々試行錯誤しました。
大学の研究室に成分の分析をお願いしたりもしました。
こうした中で分かってきたことは、エビネエキスは単体よりも他の成分と組み合わせることで効果が上がるのではないかということでした。
どうやらビタミンや塩分、油分などと配合することで新t脳圧との相乗効果があり、驚くほどの効能を有することが分かったようです。

エビネ成分がどんな働きをするか?